> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

2017 FIA世界ツーリングカー選手権シリーズ 日本ラウンド(WTCC)

トップページ > 2017 Rounds

2017 Rounds

第1戦 モロッコ(マラケシュ)
第1戦 モロッコ/マラケシュシリーズ開幕戦の舞台。2016年に開設された、1周2.971kmの市街地コース。フォーミュラEなども開催される。コースはコンクリートウォールに囲まれた上狭く、オーバーテイクは困難。
第2戦 イタリア(モンツァ)
第2戦 イタリア/モンツァF1イタリアGPの舞台でもある、伝統的なサーキット。ミラノ郊外の公園内に存在。直線をコーナーで繋いだ超高速コース。タイトな2か所のシケインへのブレーキングがオーバーテイクポイント。最終コーナー“パラボリカ”でも、サイド・バイ・サイドのバトルが見られる。
第3戦 ハンガリー(ハンガロリンク)
第3戦 ハンガリー/ハンガロリンクF1ハンガリーGPを開催するサーキット。F1では“低速サーキット”に分類されるが、WTCCの開催サーキットの中ではコース幅も広く、バトルが多く見られる。高速区間と低速区間が組み合わされており、攻略が難しいとされる。昨年再舗装された。
第4戦 ドイツ(ニュルブルクリンク)
第4戦 ドイツ/ニュルブルクリンク1周25.378kmの伝統的なコース。距離が長いだけでなく、多くのアップダウンとコーナーがあり、難攻不落。ニュルブルクリンク24時間レースと併催。2015年からWTCCカレンダーに戻ってきた。
第5戦 ポルトガル(ヴィラ・レアル市街地)
第5戦 ポルトガル/ヴィラ・レアル市街地2015年からWTCCを開催。1周4.785kmのコースには、複雑なコーナーとアップダウンが効果的に配されている。コース終盤のダウンヒルセクションは、最高速度240km/hに及ぶことも。
第6戦 アルゼンチン(サーキット・テルマズ・デ・リオ・オンド)
第6戦 アルゼンチン/サーキット・テルマズ・デ・リオ・オンドMotoGP™のアルゼンチンGPを開催するサーキット。WTCCは2013年より開催。1周4.805km。4つのヘアピン状のコーナーをストレートや緩いコーナーで結ぶシンプルなレイアウト
第7戦 中国(上海インターナショナル・サーキット)
第7戦 中国/上海インターナショナルサーキットF1中国GPを開催する、1周5.451kmのサーキット。上海の“上”の字を形どったレイアウトで、ヘルマン・ティルケのデザイン。長いストレートエンドと、1コーナーからの回り込むような複合コーナーの攻防が見所
第8戦 日本(ツインリンクもてぎ)
第8戦 日本/ツインリンクもてぎMotoGP™やSUPER GT、スーパーフォーミュラを開催するストップ&ゴーのサーキット。タイトなコーナーをストレートで繋ぐようなレイアウトになっており、数々のオーバーテイクシーンが見られることが期待される。
第9戦 マカオ(ギア・サーキット)
第9戦 マカオ/ギア・サーキットマカオF3の併催として開催。マカオの市街地に特設される市街地コース。メインストレート付近“海側”のコース幅は広いが、後半“山側”は一転コース幅が約半分に狭まり、ここで事故が起きると、後続のマシンが通過できず大混乱になる。
第10戦 カタール(ロサイル・インターナショナル・サーキット)
第10戦 カタール/ロサイル・インターナショナル・サーキットMotoGP™の開幕戦を開催する、カタール・ドーハ近郊にあるサーキット。照明施設が完備されており、2015年、2016年とナイトレースで開催された。昨年は金曜日に決勝レースが開催されたが、今年は土曜日決勝の予定となっている。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish