> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

2017 FIMトライアル世界選手権 第2戦 ストライダー日本グランプリ

トップページ > 2017年のセクション

  • セクションガイド
  • 会場マップ

2017年のセクション

15セクション×2ラップ!ライダーの真価が問われる日本GP!!

今年はレギュレーションの変更に伴い、昨年までの12セクション×3ラップから、
15セクション×2ラップで行われる。ライダーにとって1ラップあたりの負荷が高まることで、
集中力が問われ、より見応えのある日本GPになりそうだ。

CHECK!セクション解説

観戦初心者にも安心

トライアルを観るならまずはここから。奥深さもありつつベーシックなセクション

観戦ゲート入場後すぐの場所に設置された岩を中心としたセクションで、気軽な服装で誰でも楽しめる。
岩に飛び乗ったり、斜面を駆け上がったりするさまは、トライアルの基本スタイルで、ビギナーやファミリーにもわかりやすい。
そして基本ゆえに、ライダーの個性や特徴を見やすいという奥深さもある。
まずはここでトライアル観戦の基本を押さえよう!

観戦初心者にも安心

日本グランプリ名物の岩盤セクション。
ダイナミックな動きを観るならココ!さらに今年は解説つき!

ツインリンクもてぎのトライアルでは欠かせない名物セクション。今年はこの名物セクションを3度も味わえる。
「こんな場所をバイクで?」と思う岩盤を、トップライダーたちはダイナミックな動きで攻略していく。
さらに、石の名産地として知られる茨城県産の稲田石を贅沢に使用しているところにも注目だ。
この岩盤セクションも、舗装されたエリアから観覧可能なので、ラフな格好でOK。今年は解説がついて、わかりやすく楽しめるように。
プレミアム観戦券があれば、さらに間近で観戦できる!

ところどころ流れる水が、思わぬ展開を招くことも。
ライダーの集中力が見られる通好みなセクション

ミズスマシの沢近くのため、一部の岩が濡れていることがあるうえに、先にトライしたバイクのタイヤについた水や泥が、後半にトライするライダーたちを苦しめる。
1ラップの折り返し近くだが、もちろんここも気を抜けないので、「ツウ」は、ここでライダーの集中力を見極められる。
このセクションから森へ入っていくので、飲み物やタオルを忘れずに。

予測不能の新セクション。
森林浴をしながら世界のテクニックを楽しもう

急勾配の林間を駆け上がるNo.8セクションと、傾斜はないが不規則に配置された岩が難度を上げているNo.9セクション。
どちらも昨年にはないもので、ライダーがどう攻略するかが見どころ。
また、このセクションでは、より澄んだ森の空気が味わえるので、木漏れ日と合わせて森歩きを楽しめるのも魅力のひとつだ。

今年は、8番・9番セクション間に休憩エリア「森のオアシス」が登場!!

バイクが真横を駆け抜ける!ここでしか得られない非日常の世界

散策路のすぐ横に作られた岩がメインのセクション。
他セクションと比べても近距離で、ときにはライダーの表情や細かい動作まで見ることができる。
さらにモータースポーツには欠かせない、バイクの音やオイルの匂いまで感じられることも。
自然と一体となるモータースポーツであるトライアルを象徴するセクション。
非日常を満喫するには外せないセクションだ。

ひと目では難しさに気づけない、玄人向けセクション

新セクションであるNo.11と、昨年も意外にライダーを苦しめたNo.12セクション。
No.11は、斜度がきついうえに滑りやすい地面で、シンプルだがライダーの技術力が問われるセクションになっている。
No.12は、足元に細かな石が多く、タイヤを滑らせてしまったり、着地した瞬間にバランスを崩してしまったりするなど、ライダーを苦しめることが予想される。
一見すると難しそうに見えないが、実は高度な技術が要求される、玄人向けのセクション。
ここの魅力がわかるようになれば、立派なトライアルフリーク!?

最難関!スキル、フィジカル、マシン、すべてに最高レベルが求められる新セクション

クライミングかと思わせるほど、ほぼ垂直に切り立つ岩盤がそびえる新セクション。
言うまでもなく今年の最難関セクションで、ライダーたちがどう攻略するのか、そもそも攻略できるのか、最大の見どころになる。
このセクションをクリーンで通過した選手には、最大限の賛辞を送りたい。

観戦初心者にも安心

もうひとつの名物セクション。
急勾配を一気に駆け上がる豪快なバイクアクションに注目

森の一番下から一気に斜面を上がる名物セクション。
ただアクセルを全開にするだけではダメで、メリハリをつけながら地面をしっかりと捉える必要があり、それでいて速度は緩められないので迫力あるライディングが見られる。
上りきったライダーには、自然と拍手を送りたくなってしまう。
セクションの順を追わなくても、ハローウッズの入口から逆に回ればすぐ近くなので、気軽な格好でアクセスできることも特徴だ。

観戦初心者にも安心

最後にそびえる難関セクション。
ライダーのダイナミックなボディアクションに注目。

ハローウッズに入ってすぐの場所にある最終セクション。ここも名物セクションのひとつで、滝登りが見どころのひとつだ。
さらにフィニッシュは大きな岩を越える必要があり、ライダーが大きく体を動かすアクションが楽しめる。
芝生や遊び場、さらにファストフード店舗もあるので、気軽に観戦できるセクションでもある。
また、最終セクションなので、ここで優勝が決まることも多く、1日のクライマックスを目撃するチャンスでもある。

虫除けスキンベープお試しコーナーがスタート地点とNo.4・8・15セクション付近に登場!

オフィシャル虫除けパートナー フマキラーの、やさしい使用感にこだわった人気の製品をお試しできるコーナーがセクション内に登場します。ぜひお試しください!

会場マップ

「森のオアシス」でひとやすみ

今年は、8番・9番セクションの間に休憩エリアとして「森のオアシス」が登場。
インフォメーションや売店、さらにはタープを張ったレストスペースもあり、観戦の合間の休憩に最適。
観戦の折り返し地点や、拠点として、ぜひご活用ください。

「森のオアシス」でひとやすみ

開催日程 5月27日(土)・28日(日)

「森のおえかき広場 by CAMP HACK」

アウトドア好きに人気のWEBサイト“CAMP HACK”の体験コーナー「森のおえかき広場」が森のオアシス内に登場!
家族でトライアル観戦をしながら、おえかきも楽しめます。

「森のおえかき広場 by CAMP HACK」

開催日程 5月27日(土)・28日(日)
場所 森のオアシス内
時間 10:00〜/11:00〜/12:00〜/13:30〜
受付 9:00〜13:00
定員 各回先着20名
対象 トライアル観戦券をお持ちの方

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish