EN | JP

決勝レース直前の大空を駆ける!
航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」歓迎フライト

SUPER GT最終戦、決勝レース直前のオープニングセレモニーで航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」歓迎フライトを実施!
チャンピオン決定戦の幕開けに、大空を切り裂く爆音と迫力をお楽しみください。
 
  • 開催日時
    11月11日(日)
    決勝日オープニングセレモニー中 11:35頃(予定)
  • 開催場所
    ツインリンクもてぎレーシングコース上空
F-2Bは、米国のF-16を、日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し日米共同で改造開発した戦闘機です。昭和63年にFS-Xとして開発に着手し、平成7年に初飛行、12年度に開発は完了いたしました。
F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のため主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど、先進の電子機器を採用しています。
主要諸元【乗員】2名【全幅】11.1m 【全長】15.5m 【全高】5.0m 【最高速度】マッハ約2.0
※航空自衛隊ホームページより抜粋
http://www.mod.go.jp/asdf/equipment/sentouki/F-2/index.html

※天候、視界不良、その他の理由により中止となる場合があります。

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish