> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

>2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE

トップページ > 見どころ

見どころ

移籍&新加入で見どころアップ。JSB1000は新章突入だ!

JSB1000

JSB1000

今シーズンの戦いに向けて、JSB1000はライダーの移籍や新加入が活発に行われた。
6連覇、8度目のチャンピオンを狙うYAMAHA FACTORY RACING TEAM 中須賀克行選手だが、このチームに野左根航汰選手が加入し、2人体制でタイトル防衛に挑むことになった。

また、新型マシン投入のHondaのトップチームはMuSASHi RT ハルク・プロで、ライダーは高橋巧選手だ。同じHondaチームとして、モリワキMOTULレーシングの高橋裕紀選手と清成龍一選手も注目度満点。

そしてSUZUKIを代表するヨシムラスズキMOTULレーシングには、濱原颯道(はまはら・そうどう)選手が加わり、津田拓也選手と2台体制だ。
同じくSUZUKIのTeam KAGAYAMAでは、2016年J-GP2チャンピオン浦本修充選手がJSB1000に上がり、加賀山就臣選手とともにこちらも2台体制となった。

そしてKawasaki Team GREENは、ライダーを一新して渡辺一馬選手と松ア克哉選手を起用。柳川明氏がコーチ役でチームに帯同し、的確なアドバイスを送る。
昨年までとは違った顔ぶれがサーキットを席巻することになった今年のJSB1000。
まさに新章がスタートしたと言ってもいいだろう。

  • 中須賀克行中須賀克行
  • 野左根航汰野左根航汰
  • 高橋巧高橋巧
  • 高橋裕紀高橋裕紀
  • 津田拓也津田拓也
  • 浦本修充浦本修充
  • 加賀山就臣加賀山就臣

出そろった各メーカーの新型マシン ミスターJSB中須賀の牙城はどうなる?

今年のJSB1000で注目されているのがHondaとSUZUKIが投入する新型モデルだ。
Honda CBR1000RRはエンジンパワーが上がり、電子制御により戦闘力が格段に上がっていると高橋巧選手は語っている。春先に鈴鹿サーキットで行われた合同テストでは、旧型モデファイのCBR1000RRで、高橋巧選手はトップタイムをマークし、確実な手応えを掴んでいる。

そしてSUZUKIの新型GSX-R1000は、津田拓也選手によれば、旧型とはまったくの別物で比較のしようがないほどにすごいとのこと。もちろん最新の電子制御で武装されているが、CBR1000RRもそうだが、MotoGP™マシンからフィードバックされているところが大きいようだ。

昨年、Kawasakiは新型Ninja ZX-10Rを投入。一昨年はYAMAHAが新型YZF-R1をリリースしており、これで国内4メーカーの新型モデルが出そろったことになる。
そしてこれにミスターJSB中須賀克行選手は「望むところ」と気合いが入っている。そう、全チームが新型モデルでの戦いとなる今年こそが、本当の日本一決定戦と捉えているからだ。そうした意味でも、ツインリンクもてぎのTOP6サバイバル予選が、より一層に注目されることになる。

J-GP2、ST600、J-GP3 主導権を握るのはベテランか、それとも若手か!?

J-GP2

J-GP2

ベテラン生形秀之選手と関口太郎選手の2人に、水野涼選手、作本輝介選手、岩戸亮介選手、三原壮紫選手らの若手ライダーが挑む。また、昨年のST600チャンピオン榎戸育宏選手、J-GP3チャンピオン徳留真紀選手がJ-GP2に転向したのも興味深い。とくに徳留選手はMoto2™マシンSPEED UPでの参戦で注目されている。

  • 生形秀之生形秀之
  • 関口太郎関口太郎
  • 水野涼水野涼
  • 作本輝介作本輝介
  • 岩戸亮介岩戸亮介
  • 三原壮紫三原壮紫
  • 榎戸育宏榎戸育宏
  • 徳留真紀徳留真紀

ST600

ST600

名越哲平選手、前田恵助選手、和田留佳選手、清末尚樹選手、南本宗一郎選手、國峰啄磨選手らの若手ライダーの戦いに注目したい。

  • 名越哲平名越哲平
  • 前田恵助前田恵助
  • 和田留佳和田留佳
  • 清末尚樹清末尚樹
  • 國峰啄磨國峰啄磨

J-GP3

J-GP3

昨年の日本GPにスポット参戦した女性ライダー岡崎静夏選手が注目の的。そしてツインリンクもてぎをホームコースとする太田虎之進選手や、菊池寛幸氏が監督を務めるSRS-Moto(鈴鹿サーキットレーシングスクールモト)の中島元気選手をはじめとしたユースカップに登録する若手ライダーの活躍に期待が集まっている。

  • 岡崎静夏岡崎静夏
  • 太田虎之進太田虎之進
  • 伊達悠太伊達悠太

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish