> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション

モータースポーツを観戦しよう!

なぜ私たちは、わざわざスタジアムやライブハウスに足を運ぶのでしょうか?

いったい “ナマ”でスポーツを見たくなるのはなぜでしょう?

わざわざ電車を乗り継いで、お金を払ってチケットを買って、小さなボールの行方を追いかける。

たとえば野球では、ストライクとボールの判定はテレビの方がよくわかります。選手の表情がアップになれば、駆け引きや思惑さえも見えることもあります。

サッカーのドリブルの技も、ゴルフのサンドウェッジのテクニックにしても、アップで映るテレビのほうが、より詳細に見ることができるのに

しかし、それでもたくさんの人たちが毎年のようにスタジアムやゴルフ場にわざわざ向かいます。

あるいは、音楽好きなあなた。ライブ会場よりも、家にある自慢のオーディオシステムで、CDやMDを聴いた方がいい音なのではないでしょうか?コンサート会場で耳にする音も、結局はアンプやスピーカーを通している音ですし、iPodやケータイでしたら、好きなときに好きな音楽を聴けます。

それもかなりいい音です。

にもかかわらず、私たちはコンサート会場やライブハウスに出かけます

それはなぜでしょう?

そこには、行ったことがある人にしかわからない、現場でしか味わえない“ナマ”の魅力があるからです

それはいったい、どんな魅力なのでしょう?

そして、その魅力がモータースポーツにもあるとしたら?

……

スポーツや音楽を“ナマ”で体感するのが好きなあなたが、それを見逃しているとしたら惜しいと思いませんか?

“ナマ”観戦を盛り上げる魅力って、モータースポーツでは何なのでしょうか?

それを知るために、まずは、“ナマ”のスポーツ観戦には、どういう魅力があるのか。いくつかピックアップしてみましょう。

1.空気を震わす、リアルな音は、“ナマ”でしか味わえない!

1.空気を震わす、リアルな音は、“ナマ”でしか味わえない!

たとえば、投手がめいっぱいの速球を投げて、それを見事に打ち返す。打者がホームランを打った時の、バットにボールが当たった時の音を覚えていますか?

どこまでもボールが飛んで行きそうな、その乾いた音の気持ち良さは、“ナマ”で野球を観た人ならわかりますよね?

背景は、青い空。ボールは空高く舞い上がり、そしてきれいな放物線を描いてスタンドに吸い込まれる。その気持ち良さを一度味わってしまうと、もう“ナマ”でなくては満足できないはずです

サッカーファンなら、ゴールキーパーが一歩も動けなかったシュートのボールが、ネットを揺らす時の「パサッ」という音を聞いたことがあるはずです。

スタジアム全体が、何が起こったかわからないような、ほんの一瞬の静寂に包まれ、そして一気に湧き上がる熱狂の声と悲鳴にも似た叫び、そしてため息。

そこにはスタジアムに行ったことのある人にしか、わからない熱いものがあるはずです

キャッチャーとランナー、あるいは競り合ったフォワードとディフェンダーがぶつかり合う文字通り“生々しい”音は、さらに観戦を盛り上げてくれます。

そしてこれはテレビ中継では味わうことができないのです。

なぜなら、空気を突き抜ける振動を肌で感じ取ることができないからです。スピーカーを通した音では決して感じることができないのです。

これらの音の振動は、モータースポーツにはないのでしょうか?

いえ、むしろモータースポーツにこそ、身体全体に共鳴する“音”にあふれているのです。が、その話はあとにして、もうしばらく“ナマ”観戦を盛り上げる要素について、考えてみましょう。

2.会場全体を突き動かす一体感はヤミツキの源

2.会場全体を突き動かす一体感はヤミツキの源

“ナマ”の楽しさは、グランドの上の躍動感だけではありません。スタンドや客席での一体感も“ナマ”でしか味わえない魅力です。

野球の「伝統の一戦」やサッカーの「ダービー」が盛り上がるのは、それぞれの応援合戦があるからです。ライバルに負けまいと声をそろえて選手を鼓舞する仲間意識、互いのプライドをかけた声の張り合い。もちろんこれらは“ナマ”でしか感じられません。

たとえばサッカースタジアムで、誰もが入ると思ったシュートを、すんでの所でゴールキーパーが掻き出した瞬間。敵側からは歓声からため息、味方のサポーターからは悲鳴から安堵の声。この瞬間の、敵味方の感情がぶつかり合いながらも生まれる何ともいえない一体感は、思い出しただけでも気分が高揚しませんか?

コンサートでも同じです。

ただ音楽を聴くだけなら、部屋の方が音質もいい。ライブの音なんて、荒れているものです。でも、その“荒れ”をライブ感と呼び、みんなで味わう。むしろCDとは違う演奏に、みんなで盛り上がる、その瞬間、同じ場所にいる仲間の一体感を感じて、さらに盛り上がっていくものです。ステージ上でも、お客さんの反応によって、さらに勢いがついて、演奏がノッていく。それこそがライブの醍醐味です。

グランド上やステージの上だけでなく、スタンドでも、客席でも盛り上がる。さらにプレイヤーがのせられてよりよいプレイが生まれる。これも“ナマ”だからこその醍醐味です

でも、さすがにそれは、モータースポーツにはないでしょうって?

それがあるんです。

プロのドライバーやライダーは、人並み外れた感覚と動体視力で、客席の盛り上がりを常に感じているんだそうです

だから観客も盛り上がるんです。

そしてサーキットには、特定の選手やチームを応援するゾーンもあるんです。

詳しくは後ほどにして、さらに“ナマ”の魅力に迫ってみましょう。

懐かしいにおい、風景や空気、そしてグルメや宿まで、“ナマ”の楽しみ方はいろいろ

1.どこか懐かしいにおい

夏のスタジアムで胸いっぱいに息を吸い込んだ時に感じる、あの芝生の匂いを覚えていますか? 
どこか懐かしい感じがするあのにおい。あちこちを走り回っていた子どものころを思い出すような、懐かしいにおいです。

また、冬の寒さに凍えながら、ふと、日なたで感じる太陽の暖かさは、自然との一体感を感じさせてくれます。
時には選手の汗の匂い、鼓動まで届いてきそうな、そんなリアルな空気感。

屋外で観戦するときの自然のにおいや暖かさ、時には寒さも、“ナマ”観戦を盛り上げてくれることに間違いありません。

2.抜けるような青空、星の瞬く夜空、そして空気

青空の下で観戦することも同じく自然の醍醐味です。

昼間の真っ青な空の下で、放物線を描いて飛んでいくヒットの打球や、ナイターの夜空に吸い込まれていくボールの白さは、思い出すだけでワクワクします。

春の桜とともに開幕戦が始まるワクワク感や、 秋の日差しの中で戦うシーズンが押し迫った緊迫した空気。屋外だからこその自然も“ナマ”観戦の魅力を高めてくれるんです

3.ビールやグルメ、宿や温泉、そしてドライブまで

昼の青空の下で味わうビールは、これもまた“ナマ”観戦の魅力であることは確かでしょう。のんびりと外野席で眺める野球は楽しいものです。
時には、好きなチームを追いかけて、アウェーの試合にいくこともあるでしょう。試合の前後、ご当地グルメを毎回楽しみにしている人も少なくありません
ほかにもホテルや温泉などの宿泊、たとえばバスや電車、ドライブなどの移動手段や道中の風景も、“ナマ”観戦を盛り上げる要素のひとつです。

“ナマ”観戦には、スタジアムの内外で、いろいろ楽しめる要素があるから面白いのです
そしてこれらの楽しみは、モータースポーツでもすべて当てはまります

いや、むしろ、モータースポーツだからこそ、より楽しめる“ナマ”観戦の魅力が盛りだくさんなのです。

>> 次ページでは、そのモータースポーツ“ナマ”観戦の魅力を探っていきましょう!

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish