EN | JP

MotoGP™日本グランプリ
つい教えたくなる魅力的な自由席9ゾーン!

グランドスタンドや90度コーナーなど、ツインリンクもてぎの主な観戦席は指定席となっていますが、毎年あえて自由席での観戦を楽しんでいるファンも多くいます。そんな自由席マイスターの楽しみ方をこっそり紹介します。

数字をクリックすると詳細箇所にリンクします。

マップ

自由席 ゾーン
1
ダウンヒルストレート90度コーナー側

ダウンヒルストレート90度コーナー側

ダウンヒルストレート90度コーナー側

ダウンヒルストレート90度コーナー側

ダウンヒルストレート90度コーナー側

世界が注目する超高速バトルポイント!

ダウンヒルストレート90度コーナー寄りにあるこのポイントでは、MotoGP™マシンならすでにフルブレーキングに入っている。決勝レースではオーバーテイクを仕掛けるバトルポイントになり、300km/hでのサイドバイサイドからフルブレーキングで90度コーナーに突っ込んでいく一連の流れを余すことなく見ることができる観戦ポイント。

トップライダーになるとブレーキングでリアタイヤを浮かせながら左右に振れるマシンを上体でコントロールする、という神業のような走りを披露してくれる。もちろんショーではなくラップタイムを100分の1秒でも削るためのレイトブレーキングのテクニックだ。特に今シーズン限りでの引退を表明したレプソルホンダのダニ・ペドロサが見せたフロントタイヤだけで止める究極のブレーキングは今でも繰り返しリプレイされるたびに見惚れてしまうほどに美しい。

この世界最高レベルのブレーキングを見るだけでもここで観戦する価値はある。指定席を確保しているファンも金曜日や土曜日のフリー走行のタイミングでぜひ、一度は見に行ってもらいたい。

そしてなによりも、決勝レースでは世界中が注目する決定的瞬間を目の当たりにするかもしれない。事実、昨年のレースではチャンピオンを争うマルケスとドヴィツィオーゾの激し過ぎるバトルが幾度となく繰り返された。もちろんライダー達も注目されるポイントであることは分かっている。大観衆の前で易々とオーバーテイクされる訳にはいかないだろう。世界最高のテクニックと天才ライダー達の意地と意地のぶつかり合い。まさに至高の観戦ポイントがここだ。

自由席 ゾーン
2
ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

ダウンヒルストレート中間地点

コースの最高地点からサーキット全体を眺めるように観戦!

4.8kmのコースの大部分はぐるりと外周路で囲まれているがその最も高い場所がこのダウンヒルストレートの中間地点だ。ダウンヒルストレートは山を削って谷のようになった部分にコースがあるので、実際にこの場所に立ってみると想像を超える見晴らしの良さに驚くだろう。

目の前のダウンヒルストレート全体はもちろん、その奥にあるV字コーナーもかなり近くに見える。さらに遥か遠くではあるが1コーナーから2コーナー、そして5コーナーも見えるので慣れたファンは双眼鏡を片手に観戦している。ここは間違いなくツインリンクもてぎの観戦エリアの中で最も長い時間、マシンを見続けられる場所だ。

スタート直後はマシンの集団が遠くの1コーナーから2コーナーを駆け抜け、徐々にそのエンジン音が大きくなってくる。V字コーナーではマシンとライダーが見分けられるくらいの大きさに見えるので一気にテンションが高まってくる。そして、ヘアピンコーナーを立ち上がったMotoGP™マシンの集団が戦闘機のように迫ってくるシーンは圧巻の一言。

また、指定席や他の観戦ポイントよりも比較的ゆったりと観戦できるので、大きなフラッグを持参して応援するファンも多い。元MotoGP™ライダーの中野真矢さんも「ダウンヒルストレートでは日の丸がよく見えてファンの皆さんからの応援のパワーを感じる」と言っていたように、ここはファンとライダーの距離が縮まるポイントでもある。

ここへのアクセスはヘアピン側から行く方が登り坂が短いのでお勧めだ。もし、90度コーナー側からアクセスしてしまうと延々と400mほどの急な上り坂を登ることになり、女性やお子様連れだとレース観戦前から疲れてしまうだろう。イスやクーラーボックスを持っていくことを考えても、ヘアピン側からのアクセスを強く推奨したい。

最後に少しうれしい情報としてはバイク専用駐輪場がすぐ近くにあり、さらに徒歩2分の場所に常設トイレがあることだ。仲間とバイクで来ていればイベント会場やグッズ売場が充実している中央エリアへの移動もあっという間だ。飲み物や食べ物の用意、折りたたみチェアなど準備は必須だが、じっくり腰を据えて観戦するのが好みのファンにはぜひお勧めしたい。

自由席 ゾーン
3
ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

ヘアピンコーナー

マシンを最も近くで見ることができる!

ヘアピンコーナーはツインリンクもてぎで最もマシンの速度が落ちる場所だ。そのヘアピン立ち上がりにあるこの自由席エリアはコースから最も近い場所でもある。

つまりスピードも遅く、距離も近いので、しっかりとマシンを見ることができるのである。そのため1997年のツインリンクもてぎオープン以来、アマチュアカメラマン達の絶好の撮影ポイントとして一番人気のエリアになっている。

さらに、ヘアピンからの立ち上がりは、その後に続くダウンヒルストレートに向けて、アクセル全開で加速していく迫力ある走りを見ることができる。フロントタイヤを微妙に浮かせリアタイヤ1本で駆け抜けていくシーンは、まるで戦闘機が離陸するようだ。

そして、そのエンジン音も特徴的だ。地上最速の加速性能を誇るMotoGP™マシンならではの、短い間隔で一気にシフトアップしていく音は他のカテゴリーのマシンとはやや異なるので、ぜひ一度は生で聴いて欲しい。

観戦するには見応え十分だが、中央エリアから最も離れた場所にあるため、快適さを求めるなら事前に様々な準備が必要になるが、バイク駐輪場がすぐ近くに設けられるので特にライダーには、おススメしたい。

車で来る場合もオーバーナイトスクエアが開催される最大規模のN5駐車場からは、徒歩15分程度なので北ゲートから入場すればアクセスしやすい。

最後におまけ情報だが、フリー走行など各セッション終了後に、ライダー達がスタート練習を行うのがこの場所。比較的静かな状況なので、声をかけたら振り向いてくれるかも知れない。

自由席 ゾーン
4
S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

S字

レース、イベント、キャンプで3日間を満喫するS字エリア!

ツインリンクもてぎのコースの中でもテクニカルセクションとなる130RからS字コーナー、そしてオーバーテイクポイントの一つでもあるV字コーナーへの進入を見ることができるのがこのエリア。

S字コーナーは、その名を聞くだけでサーキットらしさを感じるほど、どのコースにも必ず1ヶ所はある定番のコーナーである。その定番コーナーのベストポジションが自由席になっているのは実はとても珍しいことだ。しかも、とても見晴らしが良い観戦エリアなので、いろんな角度からS字コーナーを見ることができる。

また、この観戦エリアのすぐ裏には広大なN5駐車場があることもポイント。
2017年からはオーバーナイトスクエアとして、車中泊やキャンプを楽しめるステイエリアとなり、夜には飲食ブースやコンビニエンスストア、休憩エリアでの映画上映など様々なイベントも開催されるようになった。2018年はさらにパワーアップし、充実したMotoGP™ステイを楽しむことができる。

そのため、MotoGP™日本グランプリを3日間、思いっきり楽しもう、というファンにはぜひオススメしたい。
金曜日はコースのいろんな場所でフリー走行をチェックし、夜はキャンプやBBQをしながらレース談義に花を咲かせる。

土曜日の予選は前日に決めたポイントで観戦し夕方の前夜祭では現役MotoGP™ライダーのトークショーを楽しんだ後に、今度はオーバーナイトスクエアでのトークショーや映画放映など様々なイベントを楽しみつつ、現地で知り合ったファン同士で深夜まで語らう。

日曜日の決勝レースはS字コーナーに朝一番に乗り込んで最高の観戦ポイントを確保しつつ、迫力のバトルを堪能。そして、駐車場がすぐ近くなので他のファンよりも一足早く帰路につくことができる。
まるで、ヨーロッパで長年グランプリを観戦しているベテランファンのような3日間だが、もはやこのような観戦スタイルは日本グランプリでも当たり前になりつつある。


今年初観戦するファンにも、ぜひこんな楽しみ方をチャレンジしてもらいたい。

自由席 ゾーン
5
S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

S字入口

高台から眺める絶景バトル。レース序盤と後半で見所が変わるS字の攻防!

一瞬マシンが見えなくなるファーストアンダーブリッジを抜け、超高速コーナー130Rをバンクしながら全開で駆け抜けるMotoGP™マシンを見ることができる。また、その後に続くS字コーナーを正面に見る観戦エリアも見応え十分でオススメだ。

S字の入口は元々オーバーテイクポイントの一つだが、コースがクリーンなスタートからの序盤数周では、さらにそのバトルは激しく、あっと驚くラインでライバルのインに飛び込むシーンも見られる。
逆にレース終盤になるとパワーのあるドゥカティ勢に対し、ダウンヒルストレートより前で勝負をかけたいライダー達は数少ない勝負所となるS字で強引に仕掛けていく可能性もある。
そんなバトルの一連の駆け引きまでも、見渡すことができるこのエリアは、初心者からベテランまでワクワクできること間違いなし。

ところで、多くの人がこのエリアに立ったときの感想は「なんて広いグラベルなんだ!」だろう。
ツインリンクもてぎが設計された1990年代はマシン性能が飛躍的に高まり、サーキットをはじめレースの安全基準が大幅に見直されることとなった。新サーキットは高速コーナーのアウト側に広いグラベルが必須となったが、アスファルトグラベルが登場してから状況は一変。広大なグラベルは世界中から消えていった。
かくして、この130Rアウト側に広がるグラベルは世界屈指の広さを誇ることとなり、これ以上ない見晴らしの良い観戦エリアができあがったのである。

さらにサーキット内の移動も便利でN5駐車場はすぐ隣にあり、中央エントランスやのぞみの湯に行く場内シャトルバスの発着エリアも目と鼻の先にある。このエリアの最上段はキャンピングカーなどで観戦できる有料のコースサイドパーキングになっているが毎年発売直後に完売するプラチナチケットなのである。そのことからも自由席観戦エリアとして魅力や価値は十分すぎると言えるだろう。

徒歩数分のN5駐車場に拠点を構え、イベントや買い物など自由にサーキット内を観戦しつつ、決勝レースは見晴らしの良い高台から観戦。実際に現場に行くとその楽しみ方を実践しているファンが多くいることに驚くことだろう。
ぜひ、今年はこの世界最大級のグラベル越しの絶景バトルを楽しんでもらいたい。

自由席 ゾーン
6
130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

130Rイン側

MotoGP™マシンの全開フルバンクを間近で見られる唯一無二の観戦ポイント!

ツインリンクもてぎで最もコーナーリングスピードが速い130Rをイン側から観戦できるのがこのエリアだ。他の観戦エリアとの大きな違いはコースの内側にあるということだ。そのため近くにはこれといった駐車場も無く、この場所に近づくことが最初のハードルとなる。

この観戦場所に立ってみると思ったよりもコースが近いと感じるだろう。高台から眺めると大きな弧を描く130Rのイン側は青と白の縁石が目立ち、それが絵になるため絶好の写真スポットとなっている。MotoGP™ではフルバンクしたときにライダーのヘルメットが縁石の真上に被さるように見えるため、アクセル全開で駆け抜ける姿は最高にかっこいい。

アマチュア選手が参戦する地方選手権でもアマチュアカメラマンの姿を見かけることもあるくらい、この場所はツインリンクもてぎの中でも唯一無二の撮影ポイントなのである。スマホでも十分撮影できるので、ぜひチャレンジしていただきたい。

1台単独での走りも魅力的だが、スタート直後の1周目はサイドバイサイドだらけの集団が目の前を通過していくからその興奮は忘れられないものとなるだろう。特にS字コーナーの入口はオーバーテイクポイントとなるため、130Rでのライン取りを見ると、仕掛けているライダーと守っているライダーがはっきりと分かる。

通常、コーナーのイン側の観戦エリアは目の前を通過する時しかマシンを見られないが、この130Rではその後に続くS字コーナーまでを見渡すことができる。そのため、レース初観戦でも楽しめるのではないだろうか。

また、あまり知られていないが、この観戦エリアには徒歩1分の位置に常設トイレがあるのだ。ファミリーや女性と一緒に観戦する人にとっては安心して観戦できるだろう。

場内ループバスもなく、たどり着くにはややハードルが高いが、見晴らしのよい広々とした観戦ビューは一見の価値有りだ。スタート直後のバトルとレース終盤の勝負所として世界が注目する瞬間を見届けることができるかも知れない。

自由席 ゾーン
7
S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

S字イン側

3〜4コーナー

3〜4コーナー

S字イン側

S字イン側

自由席では唯一!?目の前で繰り広げられるオーバーテイクを満喫!

いわゆるS字コーナー1個目と呼ばれるオーバーテイクポイントを高台から観戦できるのがこのエリア。ゾーン4で紹介したS字コーナー観戦エリアの反対側に位置し、同じS字コーナーでも見所が異なるのでぜひ両方で観戦して欲しい。

さて、その見所だが何と言ってもコースからの距離が近いことだ。高速コーナーの130Rからアクセル全開で飛び込んでくるマシンがハードブレーキングでS字コーナーに切り替えしていくシーンを間近で見ることができる。現在のMotoGP™マシンではシフトダウン時のエンジン音も独特なのでその音にも注目だ。

ツインリンクもてぎは5コーナーが一番低い位置となり、そこからS字コーナーまで長い上り坂が続く。そのため、この観戦エリアからは坂を駆け上がってくるマシンをさらに高台から眺めることができるので、見晴らしの良さは言うことなしだ。

しかも、ツインリンクもてぎの主要なオーバーテイクポイントは、90°コーナー、5コーナー、V字コーナー、そしてこのS字コーナー1個目だが、自由席で見ることができるのはここだけなのでそのお得感はハンパない。

それでも、毎年さほど混雑しない訳は、この場所へのアクセスが大変と思われているからだろう。一体どうやってコースのイン側に行けるのか?ループバスもないし、駐車場も遠い、さらに売店やトイレはあるのだろうか?など疑問は多いと思われるが、そんな方につい教えたくなることがある。

実は、あまり利用者は多くないがN5駐車場側、V字コーナーから近道となる地下トンネル通路があるのだ。トンネル通路はV字コーナーの手前にありコースの反対側に抜けることができる。階段はかなりの段差があり距離も長いので、普段なら少し躊躇するかもしれないがMotoGP™開催時は多くの人が行き交うため、歩き易い環境になっているはずだ。

N5駐車場に停めれば、最初に覚悟していた距離よりは短く感じることができるだろう。トイレもすぐ近くのジムカーナを開催するコースに大きな常設トイレがあるため、5分ほど歩くことになるが安心できるのではないだろうか。

最後におまけの情報となるが、このエリアではS字コーナーを観戦しつつ、後ろに15mほど移動すると反対側に広がるオーバルコースの内側のコースを見ることもできる。予選や決勝レースは混雑するので、何度も行き来することは難しいが、比較的空いている金曜日のフリー走行ならば自分が移動しながら観戦するという世界でも珍しい観戦スタイルを楽しむことができる。ただし、その場合は車道を横断することになるので横断歩道を歩くことをお忘れなく。

自由席 ゾーン
8
S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

S字正面

一度ここで見たら他では見られない!?マシンが真っ直ぐ向かってくる!

130RをクリアしてS字コーナーに向かってくるマシン群。マシンがあっという間に近くに迫ってきて目の前のS字コーナーをヒラリヒラリと異次元のスピードで切り替えしていく。その一連の流れをフェンスも何もないクリアな景色の中で見ることができるのが、この観戦エリアだ。

ツインリンクもてぎの東コース部分はどこも高台になっているが、このエリアはさらに特別に高い場所にある。正面の奥には青空を背景に小高い山の中に立つホテルツインリンクを望み、広い視界の中でコースも長い時間見ていることができる。注目すべきはマシンが観戦エリアに向かって走ってくることだ。通常の国際格式クラスのサーキットでは安全性を考慮し、ストレートの正面には観戦エリアを設けていない。時速300km/h以上で走行するフォーミュラカーなどはマシン同士の接触などでタイヤやパーツが進行方向に向かって、数十メートル飛んでいく可能性があるからだ。

しかし、ツインリンクもてぎのこのエリアに関しては十分な距離をグラベルで確保している上に高台に位置しているので130Rから向かってくるストレートの正面で観戦することができるのである。

観戦環境も想像しているほど悪くは無い。ゾーン7で紹介したV字コーナー手前の地下トンネル通路を使えば、広大なN5駐車場は徒歩10分圏内。大きな常設トイレも徒歩5分程度。何よりも気持ちよくなる景色に感動することだろう。タイミングが合えば、正面に雲海を望むこともできる。

気になることがあるとすれば、ちょっとした丘の上にあるので風が吹きさらしになること。寒い日にはしっかりとした防寒が必要になるが、天気予報をチェックしつつ当日の対策を練れば問題はないはずだ。

N5駐車場を拠点とし、夜はオーバーナイトスクエアで仲間や家族と語り明かしつつ、ゲートオープンになれば近道の地下トンネルであっという間にベストポジションをキープすることができる。今年はライバルが増えるかもしれないが、観戦エリアのご近所さん同士、「やっぱりここですよね!」などと、和気藹々と楽しんでもらいたい。

自由席 ゾーン
9
3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

3〜4コーナー、最終コーナー

広々とした視界の中には常にマシンが走っている観戦席

カルデラのように広がるインフィールドを臨み、2コーナーから5コーナーまでと最終コーナーを見ることができるのが、この観戦エリアだ。ツインリンクもてぎのほとんどの自由席が芝生席、いわゆるグリーン地帯になっているのに対し、ここだけはコンクリートの席になっているのも特徴で、ゆったりと観戦を楽しむことができる。

コースはいずれも観戦エリアから距離があり目の前を走り抜けていくという場所ではないが、とにかくいろんなコーナーが見られて楽しめる。どこを見ても常にマシンが走行しているので、初めてMotoGP™観戦する人にもオススメだ。

コースの真ん中あたりに位置する、この観戦エリアは一見すると行きにくい場所に見えるが、実はどこからでもアクセスし易い場所にある。南駐車場からは東エントランスを通り、少し坂道を登れば到着できる。また、北側のN5駐車場からもV字コーナー手前の地下トンネル通路を使えばすぐだ。徒歩3分の場所に常設トイレもあり、有料の指定駐車場を確保できれば、観戦の拠点にもなり便利なことこの上ないはずだ。

その意味で、ここは決勝レース観戦向けの場所と言えるかもしれない。クッションなど事前の準備は必要だが、しっかりした足元ならではの安心感は他の自由席とは一味違う。

そして、あまり知られていないことだが、オーバルコースのフェンス沿いには中央エリアまでの近道があり、徒歩15分ほどで到着する。グルメが充実したホスピタリティガーデンやグッズ売店が豊富な中央エントランス、前夜祭などで盛り上がるMotoステージなど、思ったより近いと感じるはずだ。

ページ上部へ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish