EN | JP

今シーズンを象徴する最高のバトル!
オランダGPで4メーカーワークスチームが激闘!

今シーズンを象徴する最高のバトル!オランダGPで4メーカーワークスチームが激闘!

第8戦オランダGP

今シーズンを象徴する最高のバトル!オランダGPで4メーカーワークスチームが激闘!

第8戦オランダGP

今シーズンを象徴する最高のバトル!オランダGPで4メーカーワークスチームが激闘!

第8戦オランダGP

今シーズンを象徴する最高のバトル!
オランダGPで4メーカーワークスチームが激闘!

マルケスの優勝に終わったオランダGPだったが、そのレース内容は極めて濃いものだった。その兆候はまず土曜日の予選から現れていた。なんとポールポジションのマルケスから4位のドヴィツィオーゾまでが0.1秒以内に入ると言う大接戦、さらに11位のペトルッチまでのタイム差もわずか0.501秒というかつてない僅差。

オランダGPの舞台アッセンサーキットはツインリンクもてぎよりやや短い、1周4.542kmでラップタイムは1分33秒ほどのコースである。MotoGP™が開催される平均的な距離にも関わらず、このタイム差は今シーズン、いかに各チームのマシン性能が拮抗しているかを物語っている。

レースはスタート直後から4メーカーのワークスライダーがコーナーごとに順位を入れ替えるドッグファイトを続け、時にはマシンが軽く接触するようなシーンも見られた。ストレートがほとんどなく、オーバーテイクポイントは少ないと言われているアッセンだが、現代のMotoGP™マシンとトップライダーの手にかかれば、そんな心配は無用だ、と言わんばかりにあらゆるコーナーで追い越しをチャレンジするシーンはハラハラドキドキの連続となった。

最終的に、マルケスがラストスパートをかけ、わずかの差で逃げ切ったが、2位争いはファイナルラップの最終セクションでスズキのリンスがヤマハのビニャーレスをかわし、自己最高の2位表彰台を獲得した。

また、ロッシも昨年に続く優勝を狙うバトルを見せていたが、終盤にドビツィオーゾと接触し、コースアウトしたことでそのチャンスを逃したが、あらゆる所で激しいバトルが繰り広げられたオランダGPは間違いなく、今シーズンここまでのベストレースと言えるだろう。

ページ上部へ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish