EN | JP

MotoGP™とは

2017 ラウンド4 スペイン

2017 ラウンド4 スペイン

2017 ラウンド7 カタルーニャ

2017 ラウンド7 カタルーニャ

中上貴晶選手

中上貴晶選手

中上貴晶選手 2018セパンテスト

中上貴晶選手 2018セパンテスト

ライダーvsライダー、メーカーvsメーカーの頂上決戦。
シーズン終盤の天王山となる日本GPを見逃すな!

2輪ロードレースの世界最高峰、それがMotoGP™だ。その頂点のMotoGP™クラスの4ストローク1000ccマシンは、ロードレースを戦うためだけに開発された最新テクノロジーの塊。Honda、SUZUKI、YAMAHA、Aprilia、Ducati、KTMがメーカー直系の最新ファクトリーマシンを送り込み、毎レースし烈な戦いを繰り広げている。そしてこのMotoGP™クラスに、今年は中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)がデビュー。4年ぶりとなる日本人ライダーのフル参戦に大きな注目が集まっている。

ツインリンクもてぎでの日本グランプリは、シリーズ全18戦中の第16戦として10月21日(日)に決勝レースが行われるが、シリーズ終盤の戦いは、MotoGP™、4ストローク600ccマシンのMoto2™、4ストローク250ccマシンのMoto3™の各クラスともにチャンピオン誕生も期待できる一戦であり、同時にランキング争いもし烈さを極めている状態だ。事実、昨年の日本グランプリのMotoGP™クラスでは、最終ラップの最終コーナーまでマルケス(Honda)とドヴィツィオーゾ(Ducati)がトップ争いを繰り広げ、ライダーのプライドがぶつかり合う名勝負として世界中のファンや関係者の記憶に残るレースとなった。
世界のトップライダーの極限を超えたライディング、張り詰めた緊張感、そして空気をもビリビリと震わせるマシンの爆音とスピードは、サーキットでこそ体感できるスペシャルな瞬間なのだ。

ページ上部へ

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish