> ENGLISH

  • モータースポーツ
  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • チケット
  • インフォメーション
初心者でも楽しめるカートを使用した耐久イベント!合言葉は「単に勝敗を競うのではなく、みんなでKARTを楽しもう」
トップページ > “K-TAI”とは

“K-TAI”とは

“K-TAI”とは?

“K-TAI”のコンセプト

“K-TAI”のコンセプト「みんなでKARTを楽しもう」

2001年から開催している“K-TAI”

開催当初はミッション付きや遠心クラッチ付きのカートなど様々な種類のカートで実施されてきたが、より手軽にカートを楽しめるように2007年に4ストロークスポーツカートが導入され2010年からは4ストスポーツカートのみでの開催となり、初心者から上級者まで幅広く楽しめるクラス構成になっている。

レギュレーションに関しても、1回の給油量の制限、ピット滞在の5分間義務などを設けることで、
速いカートが勝つだけでなく、ピット戦略なども影響し、耐久ならではの楽しみもある。
また、走行中にコース上で停止した車両をピットクルーの手元に回収し、再スタート・走行続行が可能なことなど、“K-TAI”オリジナルの要素で最後までチェッカーを目指す。

参加年齢は10歳から参加可能で、おじいちゃんから孫まで3世代での参加チームも・・・

2017年は8月6日(日)にエンジョイ7時間耐久が開催決定!
2017年も「みんなでKARTを楽しもう」!

概要

1周4.8013kmのツインリンクもてぎロードコースで、排気量270cc以下の4サイクルエンジンのカートを使って行う7時間耐久イベントです。
競技ライセンスをお持ちでなくても参加できる手軽なカート・イベントです。

参加条件と必要なもの

以下のいずれかの条件を満たして公開練習、特別スポーツ走行で1回はツインリンクもてぎロードコースを走行することで参加条件はクリアとなります。

A. 2016年“K-TAI”にドライバーとして参加した方。

B.競技ライセンス所有者(当該年度 満10歳以上)
2017年度に有効なJAFライセンス、SLライセンス、TRMC-S/SMSCライセンス(“K-TAI”限定ライセンスも含む)所有者

C. 16歳以上で原付免許以上を所有し公開練習日に行う“K-TAI”講習会に必ず出席すること。



車両・装備品
車両・装備品

料金

《参加料金》
8月6日(日):エンジョイ7時間耐久 ¥77,200/1チーム

《ドライバー/ピットクルー登録料》
ドライバー:¥3,100/1名 ※TRMC-S/SMSC会員でない場合
ピットクルー:¥600/1名

《MS暫定共済会費》
ドライバー:¥7,000/1名 ※TRMC-S/SMSC会員でない場合
ピットクルー:¥500/1名 ※TRMC-S/SMSC会員でない場合

マシン解説

マシン解説 エンジンは、Honda製GXシリーズ、SUBARU製EXシリーズ、YAMAHA製MZ200などさまざまなメーカーのエンジンを主催者が指定し、そのなかから参加者が選択できるシステム。

スポーツカート用のエンジンは全国の多くのレンタルカート場でも取り扱われており、パワー特性や出力などが初心者でも扱いやすい性能であることが特徴です。
[ 指定エンジン ]
クラス1
・Honda製GX200、GX200SP
・SUBARU製EX21
・YAMAHA製MZ200

クラス2
・Honda製GX270
・SUBARU製EX27、KX21

エンジン本体の加工・改造は禁止で、追加・変更できる部品をマフラー、キャブレター、ガバナ装置などに限定しています。
ツインリンクもてぎが開催しているカートレースの紹介
K-TAIフォトギャラリー 入場・駐車料金のご案内 最新情報ブログはこちらへ
Joy耐 もて耐 DE耐!
サーキット・フォトをネットから閲覧・注文
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish