「4月14日(日)開催:~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」

カテゴリ:プログラムレポート

春の風を感じる少し曇った日曜日、

「~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」を開催しました。

 

講師はハローウッズの「ものづくり」アドバイザーのさん

今回は子どもイスをアレンジした座椅子を制作です。

作られるのはリピーターのご夫婦です。

 

まずは完成像をイメージしながらパーツの確認です。

穴を開ける場所ややすりで削る部分に印も付けます。

 

 

次にパーツを加工です。

かんなで大まかに削り、やすりを使い細かな部分も磨いていきます。

 

背もたれがピッタリはまる様にのみで削ります。

難しい作業は講師がサポートします。

 

徐々に形になってきました。

 

次はいよいよ組み立てです!

ドリルで下穴を開けビスで留めて固定していきます。

 

背もたれを取り付け、下穴を埋めたら

座椅子の完成です!

 

お客様も理想の作品ができて満足いただけたようです。

 

実際にご自宅でもお使いいただいている様です。

今回はご参加いただきありがとうございました。

「~くらしにひと手間の豊かさを~木と竹のものづくり教室」は

629日(日)にも開催します。

また、728日(日)と825日(日)には

「夏休み宿題応援 つくって遊ぶ木のおもちゃ」も開催します。

 

お申込みお待ちしています!

 

今回のものづくりスタッフ
 

北さん(北館 瑞彦) すっちー(須田 滉一朗)

posted by ハローウッズ at

2019-06-14

14:25:12

「4月6日~7日開催:春のはじめてファミリーキャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

4月6日(土)7日(日)の一泊二日で、「春のはじめてファミリーキャンプ」を
開催いたしました。

この「はじめてファミリーキャンプ」は、「キャンプをまだしたことがないが
やってみたい」、「自分たちで道具を揃えたいがどうしたらいいかわからない」
というご家族のキャンプデビューを応援するためのプログラムです。 

 ~・~集合・受付~・~

ハローウッズに到着したらまずはキャンプテーブルとチェアを組み立てて
自分たちの場所を作ります。キャンプ気分が少しずつ高まってきます!

~・~オリエンテーション~・~

まずは最初にスタッフのご挨拶。

2日間のスケジュールを説明します。まだみなさん緊張している様子・・・。

そこでスタッフも一緒にみんなで楽しくミニゲーム!

すっかり仲良しに♪笑顔が見えてきましたね。

~・~テント立て~・~

いよいよキャンプには欠かせないテントたて!

スタッフが道具の使い方やコツなどの話を交えながら、一緒にテントを立てていきます。

ご家族同士で協力している様子も多く見られ、

子どもたちも率先してテント張りを頑張っていました!

 <<<<< テント完成!!! >>>>> 

「できたー!」「ふう、完成だ」と皆さん達成感にあふれていました。

早速テントに入って寝袋でお昼寝している子どもたちも♪

~・~森のお散歩(1日目)~・~ 

おや、子どもたちが何かを背負っています。

これは昔ながらの道具「背負いカゴ」。

森の中をお散歩しながら、夕食つくりに必要な枝を自分たちで拾い、
背負いカゴに入れていきます。

 ~・~夕食作り(火おこし)~・~ 

みんなで拾ってきた枝で火おこし開始!

注意事項や木の選び方、木の組み方、炭の使い方などちょっとしたコツを聞いてから

それぞれの家族で実際に火おこし。

自分たちで起こした火を使って夕飯のカレーつくり。

 ~・~夕食作り~・~
ごはんは、ガスのツーバーナーを使って炊きました。

家族用のガスコンロと同じ感覚で使える上、

初めて使う方もスタッフもお手伝いするので安心♪

カレーもごはんも上手にできあがりました。

「おいしい!おいしい!」と大盛り上がり!

みんなで作って、外で食べるカレーは格別です。

 

~・~焚き火の団欒タイム~・~

夕食後は、焚き火を囲みながら星空を見て家族団らんの時間。

テントサイトは明かりが少ないので、星空がとても綺麗に見えました。

~・~2日目 朝のお散歩~・~

 「寝袋でぐっすり眠ることが出来ました!」と朝から元気な声が。

朝のハローウッズの森をお散歩しながら、樹冠タワーに登り

桜が芽吹いているのを間近で見られます。

「うわあ、きれい!」と感動の声も。

 ~・~寝袋干し~・~

 キャンプのポイントはできるだけその場で片付けていくこと。

まずは晴れているうちにみんなで寝袋干し。

湿気を吸っているから次もふかふかで使えるように天日しにします。

~・~朝食作り~・~

朝食のご飯もツーバーナーを使いました。

一日目の経験を活かして上手に炊けました。

食後にはコーヒーも♪

 ~・~森のお散歩(2日目)~・~ 

ハローウッズの森を網とカゴをもって生きもの散策。

スタッフが森の中の生きものを解説しながら採集します。

おや、何かを見つけたみたい!

~・~バーベキュー~~

 お昼は、皆さんお楽しみのバーベキューです。

バーベキューコンロをご家族ごとに一台組み立て、

一日目で体験したことを活かして火おこしをします。

二度目なので皆さん手際よく火おこし。

すぐにあちこちからBBQのいいにおいが漂いました。

 

~・~テント片付け~・~ 

お腹いっぱいご飯を食べたら、

最後の大仕事!テントを撤収します。

カビないようにきちんと乾かしたり、組み立てやすいような順番でしまったり、破損がないかどうかなど次使うときに困らないように撤収すること。

キャンプを楽しむための大切なポイントをスタッフが実演しながら説明します。

家族みんなでのキャンプ体験はいかがだったでしょうか?

このキャンプに参加してテントの立て方から撤収の仕方、

キャンプで使う基本的な道具の使い方や小枝や炭を使っての野外炊飯の仕方など

キャンプに行くにあたっての基本を知っていただき、

家族みんなでキャンプに行くきっかけになればと思います。

スタッフが実演しながら説明し、一緒に行うので

「まったくキャンプのこと知らない!」という方も安心してご参加ください♪

ご参加頂きありがとうございました。

皆様のお越しをお待ちしております。 

 

令和元年のはじめてファミリーキャンプの予定は 

夏のはじめてファミリーキャンプ 8月31日~9月1日

  

(奈良滉耶)

 

今回のキャンプスタッフ

   
トシさん(鈴木 利典)タカ(土田 崇央)まりち(須甲 麻里名)なっちゃん(奈良 滉耶)

posted by ハローウッズ at

2019-06-12

14:05:48

「3月24日開催:森とあそぼ!さぁきみも『木こり』になろう!」プログラムレポート

カテゴリ:プログラムレポート

324日、「森とあそぼ! さぁきみも『木こり』になろう!」が開催されました。

木こりのお仕事は木を切ること、というイメージはあっても、実際にどんなことをしているのかを
見る機会はあまりありません。

今回の森とあそぼは、そんな木こりの仕事やハローウッズの森づくりを家族みんなで体験する
プログラムです。

ちょっと風が強いものの、よく晴れた日曜日、623人の皆さんがハローウッズ に集合。

お手入れをする山へ、出発!

あたたかくなってきた森の中では、生きものたちの姿をあちらこちらで見つけることができます。

木の下にあったのは…

シュンラン。

足元で見つけたのは…

ウスタビガやヤママユガのまゆ。

そんな生きものたちを見ながら歩いているうちに、カブトムシの丘に到着!
ここに最近切った木の切り株があったので、さっそくみんなで年輪を数えてみました。




真ん中あたりは幅が広くて数えやすいのですが、外側に近くなるとだんだん年輪の幅が
狭くなり、数えづらくなっていきます。苦労して数えた年輪の数は、大体30ぐらい。
つまりこの木は30歳ぐらいだったということですね。

年輪の幅の違いは、成長度合いの違いを教えてくれます。この木が育ち始めた頃には
光が十分にあたっていたのですが、大きくなるにつれて周りの木も育ち、だんだん光が
当たりにくくなったのでしょう。そうなると、これから伸びようとする小さな木はうまく成長
できません。森の木を切るということは、これから育つ木に「光をあげる」ということにも
なるのです。

さて、今回お手入れをする場所に到着したら、そこにはフル装備をした「木こり」が!。


気分が盛り上がりますが、まずはお昼ご飯を食べてこの後の作業のために元気を充電。

昼食後はいよいよ、木こりのお仕事体験です。

体験とは言っても、安全に注意してすすめていかないと怪我をすることもあります。

ヘルメットをかぶって


手袋もつけて、


身支度を整えたら、まずは実際の伐採の見学から。向かいの斜面に立つ大きな木を、
木こりのしょーたがチェンソーで切り倒します。もう一人の木こり・かわっちから
木の切り方の説明を受けながら作業の様子を見ると、




安全に木を切るための手順がよくわかります。そのうちにチェンソーのエンジン音が響いて、
伐採が進められていきます。やがてゆっくりと傾いた木は





大きな音を立てて倒れました。その様子は大迫力。みんなから思わず「おーっ」という声が
上がりました。

さて、今度は自分たちで木を切る番です。ノコギリを使って、あらかじめ印をつけておいた、
木を切り倒します。これらの木は枯れてはいないものの、そのままではうまく成長しなかったり
少し混み合ってしまっている木なので、森を元気にするためには切る必要があるものなのです。

かわっちの見本

を見た後、家族ごとに分かれて作業します。









ただ倒すだけではなく、枝を落としたり長さを短くしたり周りを片付けたり焚き火用の枝を集めたりと色々な作業があるので、みんなで役割分担しながらすすめます。




皆さんに手入れしてもらった森は、なんだか明るく風通しが良くなった様にかんじられました。

さて、決められた木を切って林の片付けも終わったら、最後はおやつの時間。集めておいた
小枝を使った焚き火で、みんなで焼きマシュマロを楽しんで、1日の活動が終わりました。






春の里山での木こり体験、いかがだったでしょうか。

木こりの仕事はただ木を切るだけではなく、森を育てる・元気にする大事な役目を持っています。

ハローウッズの森は、プロの木こりだけではなく、子どもから大人まで色々な方に色々な形で
お手入れをしていただいています。

今回ご参加いただいた皆さんがお手入れした森が、この後どんな風に元気になっていくのか、
ぜひこれからも「会いに」来てくださいね。

 

ハローウッズ の森をお手入れするプログラムには、年11回開催の「森づくりワークショップ」や、来年3月開催の「森とあそぼ!」があります。

また、本格的に木こりを目指す方には、チェーンソー講習会も開催しています。

木こりになりたい皆さんのご参加、お待ちしております!



今回の森あそびスタッフ
 
   

としさん(鈴木 利典) なっちゃん(奈良 滉耶 )  かわっち(河又 直人) しょーた(石田 渉太)





posted by ハローウッズ at

2019-05-31

15:08:42

「3月9日(土)~10日(日)開催:早春のすこやか幼児キャンプ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

3月9日(土)~10日(日)の1泊2日で「早春のすこやか幼児キャンプ」を
開催いたしました。

ハローウッズで開催している「すこやか幼児キャンプ」。

幼児期に、ゲーム、インターネットでは体験できない、本物の自然の中で遊ぶ事が
大切という想いで開催しています。

今回の活動は、里山ハイキングがメイン。アップダウンのある里山を歩くことで、
身体を鍛えるだけでなく、挑戦する心や、仲間と共に頑張る心を育てます。

では子どもたちの様子を見ていきましょう!

 

 

~・~テント張り~・~

始まりの会が終わると、みんなで初めてのテント張り!

ウキウキと楽しそうな表情。

 

~・~自己紹介~・~

なかよくテントが張れたら自己紹介だね。みんなのお名前は~??

とても緊張していた様子だったけれど、がんばって一人ずつ発表してくれました。

 

 

~・~森の探険~・~

お弁当を食べてエネルギー満タン。

午後は、森の探険へ出発だ!

子ども達が背負っているのは、昔ながらの道具「背負子」。
夕飯づくりに必要な枝をたくさん拾います。

自分で枝を入れようとしても、ポロっと落ちちゃう…。
そんな時、後ろを歩くお友だちが枝を入れてあげます。

また、他の子たちは虫の話で大盛り上がり!

初めて会った子たちでも森を歩きながら、自然と仲良くなっていきました!

 

 

~・~火おこし~・~

探険から戻ると夕飯作りスタート。

新聞紙をくしゃくしゃにして丸めて、その上に拾ってきた細い枝や松ぼっくりをのせ、
周りに炭を置いて火おこしの準備。

火をつける場所は、良く燃える新聞紙に。

みんなで、マッチで火おこしに挑戦です。

マッチを使うのは緊張するね・・・((ドキドキ))

~・~調理開始~・~

みんなで分担して調理開始!

今日のメニューは「丸ごとキャベツの煮込みスープ」!

包丁やピーラーもケガをしないよう気を付けて料理しました。

切った材料をダッチオーブンに入れて、ぐつぐつ煮込みます。

 

~・~夕食~・~

出来上がったスープを見ると、とっても嬉しそう!

「おいしいおいしい」と言って、あっという間に完食です。

 

~・~片付け~・~

自分の食器は自分で洗います!

おうちでもしているのかな?すごく上手でした

 

~・~二日目 里山ハイキング ~・~

みんなよく眠れたかな??

一緒にテントを立て、ご飯も寝る時も共にし、打ち解けあったみんなで
里山ハイキングに出発だー!

 

草が生い茂った獣道をずんずん歩いていきます。

急な斜面は、ロープを使って登ったり、降りたり・・・

ワクワクしながらも、みんなとても真剣でした!

そして、 ついに目的地に到着! みんな頑張ったね。



そしてお楽しみの里山ハイキングのお昼ご飯は、ハンバーガーです!

大きなハンバーガーを一瞬でペロリ!!!

途中で歩き疲れ「もう足が動かない~~」と弱音を吐く場面もありました。

大変だったこと、楽しかったこと、いろいろあった道のりでしたが

 


「がんばったー!」

と、登りきって嬉しそうに喜んでいる子どもたちが一日目よりたくましく見えました

 

ご参加いただき、ありがとうございました。

 

                                                                                            (奈良 滉耶)

 

今回のキャンプスタッフ

   
かず 永瀬 和久  シロ 田崎 ひとみ アッキー 伊藤 輝

 
すっちー 須田滉一朗  なっちゃん 奈良 滉耶

 



令和元年の幼児キャンプの予定は

5月18日(土)~19日(日) 春のすこやか幼児キャンプ

7月6日(土)~7日(日) 夏のすこやか幼児キャンプ

10月26日(土)~27日(日) 秋のすこやか幼児キャンプ

3月7日(土)~8日(日) 早春のすこやか幼児キャンプ


以上 4回を予定しています。

お申し込みは3か月前の10日午前10時に開始します。

元気な子どもたちの参加お待ちしてまーす!



 

 

posted by ハローウッズ at

2019-04-11

20:06:14

2月16日(土)~17日(日)開催:「大人の焚き火キャンプ」開催レポート

カテゴリ:プログラムレポート

216日(土)17日(日)の一泊二日で、「大人焚き火キャンプ」を開催いたしました。

この「大人の焚き火キャンプ」は、”焚き火”と”キャンプ”っという
シンプルがゆえに奥深いこの二つを、焚き火料理の達人本山賢司さんと
ハローウッズ森のプロデューサー﨑野隆一郎と語らいながら楽しみます。

思う存分焚き火をしながら、ゆったり贅沢な時間を過ごせるキャンプです。

今回はみどりのぐるぐる広場をメインで活動しました。

まずは今夜のおつまみになるフキノトウを探しに森の中をお散歩。

ハッチョウトンボの棚田のあぜにあるフキノトウを発見しました!


戻ってきたらさっそく乾杯!

本山さんと楽しく仕込みタイム。今夜のメニューが楽しみです。

イカを一夜干し!

焚き火で料理開始!

美味しくできたでしょうか?中身をチェ~ック!

いいできあがりです!

最後に味付けして完成!焚き火に近すぎると熱すぎるので注意です!



団らんタイム

盛り上がってきたらあっという間に日没です。


焚き火の火がいい雰囲気を出してくれます。

そして今夜のメインメニューを揚げています!


焚き火においしい料理、お酒はとても合います!

本山さんご馳走様です。ありがとうございました。

今回の本山さんによる焚き火スペシャルメニュー表です!

この看板も本山さんが書いてくださいました。

とてもおしゃれでかっこいいです。

ありがとうございます。

最後に記念写真をとって締めくくりました。

 

今回、参加してくださった皆様ありがとうございました。

そして美味しい料理を作ってくださった本山さんありがとうございました。

また焚き火を囲んで語らいたいです。

(伊藤 輝)


今回の講師
 
本山賢司さん  﨑野隆一郎


キャンプスタッフ
 
伊藤 輝    和田 誠


ハローウッズの予約プログラムはこちらから申込みいただけます



posted by ハローウッズ at

2019-02-28

15:25:07

「12月22日(土)・23日(日・祝)開催:ダッチオーブンでつくるローストチキンとふわふわリースパン」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

クリスマスムード高まる1222日(土)、23日(日・祝)の2回にわたって、「ダッチオーブンでつくるローストチキンとふわふわリースパン」が開催されました。

「ローストチキン」といっても、家で作るのはなかなか大変。
でも、ダッチオーブンと炭とほんのちょっとの手間で、
美味しいチキン(しかも丸ごと!)が作れちゃうんです。

まず最初に、今回の主役・ダッチオーブンの紹介から。大きくて重いこのお鍋の特徴や
扱い方を、実物を使って紹介していきます。最近ではいろいろなところで紹介されて
いるので皆さん興味津々。名前の由来など、いろんな質問が飛び出しました。


説明が終わったら、いよいよクッキング開始!今回はダッチオーブンでリースパンも焼いていきます。

まずは材料を混ぜ合わせて…

 しっかりとこねて生地を作ります。
大人も子どもも協力して、グイッグイッとこねていきました。

こね上がったら生地を発酵させるため、パン作りは一休み。

 その間に、ローストチキンの下ごしらえをします。

まるごとのチキンや野菜を持って、みんなで炊事場へ移動!

トナカイしろちゃんの案内で、チキンをきれいに洗ったり野菜を切ったりと、
下ごしらえを進めます。 

普段あまり使うことがない素材に、最初はみなさんおっかなびっくりしでしたが、チキンのお腹に詰め物を入れる頃には、すっかり手慣れてきれいに下ごしらえができました。

下ごしらえがすんだら、いよいよダッチオーブンでのクッキングです。

予め温めておいたダッチオーブンにチキンを入れ、まずはこんがりと焼き色をつけます。

チキンのまわりに野菜を並べてフタをしたら、炭火をフタの上にこんもりと盛ります。
ダッチオーブンクッキングのポイントは、炭火をどう使いこなすか、という点。

今回のローストチキンやパンでは上からの火加減が出来上がりを左右します。
たっぷりと置いていきましょう。 

そうそう、パン作りもありました。

発酵した生地から、リースやトナカイ・クマの顔など、いろんな形ができあがりました。

あとはこれもダッチオーブンで焼き上げるだけです。

パンを仕込んでいる間に、チキンが焼きあがったようです。

ゆっくりとフタを開けると…


ジュワーッという音や湯気、みんなの歓声とともに、あたりにいい匂いが広がります。

ローストチキン、できあがりました!


期待以上(!?)の仕上がりに、チキンを取り分ける顔もついついほころんでしまいます。 
ふわふわパンも焼きあがって、


みんなでクリスマスランチをお腹いっぱい楽しみました。


食事のあとは後片付けとメンテナンス。ダッチオーブンは、使った後にちょっとしたお手入れが必要です。

お湯で洗って火にかけて乾かしたら、薄く油を塗って温めます。「シーズニング」と呼ばれる
この作業がダッチオーブンには欠かせないのですが、お手入れするごとに色艶が変化して
いって、この一手間が楽しかったりもします。


プログラムのおしまいは、落ち葉積もるハローウッズの森歩き。

この時期限定の「落ち葉のプール」で思いっきりはしゃいだり、そり滑りを楽しんでいるうちに、
もう終わりの会の時間。




お部屋に戻ってみると、そこにはなんとキャストサンタからのプレゼントが!

クリスマス模様のランチョンマットやオリジナルのフォトフレーム(ご家族毎の写真入り)、
思わず笑顔がこぼれました。

 
作って食べて遊んで…と、ハローウッズ流クリスマスの一日、楽しんでいただけたでしょうか。

冬には冬の楽しさがあるハローウッズに、ぜひまたお越しください。

 

今回のクッキングスタッフ

   

しろちゃん(田崎 ひとみ) としさん(鈴木 利典) すっちー(須田 滉一朗) たか(土田 崇央)

 


 

 

posted by ハローウッズ at

2019-01-24

16:24:51

「1月5日(土)・6日(日)開催:冬の森散歩&焚き火カフェ」レポート

カテゴリ:プログラムレポート

きりっと空気が澄んだ冬のハローウッズで「冬の森散歩&焚き火カフェ」が
1月5日(土)と6日(日)に開催されました。

まずは、落ち葉や枝など焚き火の材料を拾いながら、森をお散歩。

昔の里山でよく使われていた「背負いかご(しょいかご)」に枝や葉っぱを
沢山詰め込みます。

落ち葉ってよく見ると色んな形があるよね?どんな葉っぱがあるかな?

とガッツが声をかけると、さっそく「おっきい葉っぱ見つけたー」

途中で焚き火クイズ!「この木はなんでしょう?春にニュースで話題になる木です」

子どもたちがポカンとする横で大人は、「分かった、スギの木!」と大正解。

花粉の季節は嫌われ者。でも焚き火では便利な葉っぱです。どんな風に便利なのかな?

「松ぼっくりも燃やしていい?」「どんぐりは?」子どもたちはどんどん見つけていきます。

里山から色々な材料を集めて焚き火をできるのはハローウッズならでは、です。

自分より大きな枝も引きずって、材料集めはバッチリです!

ガッツが焚き火のコツを伝えると、家族で考えながら枝や葉を積み上げます。

マッチを初めて使う子どもたちが火つけに挑戦。

マッチを擦る感覚が難しくて、なかなかつかない…でもつけたい!何度も擦って…

火がついた時は「やったー!」とみんなから歓声が。

さっき拾ったスギの葉に火をつけると、ボッ!と一瞬で燃え上がります。

その火が太い枝に燃え移るから焚き火が大きくなります。スギの葉って便利ですね!

火を大きくするためにまきも準備します。今回は斧でまき割りに挑戦。

割ったまきを焚き火に入れて、もっともっと火を大きくしよう!と子どもたち。

年上の子が小さい子に教えてあげる場面も。
子どもたちは、あっという間に仲良くなって遊び始めます。

次はおやつの「グラノーラバー」作り。

焚き火でマシュマロを溶かしたら、フルーツグラノーラを入れて混ぜ混ぜ。

平らに伸ばして、冷やし固めたら完成!食べやすくザクザク切って、ティータイム。

グラノーラバーは、簡単に作れておいしい!と好評。

大人も子どもも自由に焚き火やおやつを楽しみながら、
冬の森でほっこり温まる時間となりました。

今回の森あそびスタッフ   

 

がっつ(石松 健一) しろちゃん(田崎 ひとみ)



森で思いっきり遊ぶ「森とあそぼ!」。次回は3月、木こり体験が開催されます。

みなさんの参加、お待ちしています!!

posted by ハローウッズ at

2019-01-16

15:56:54
                                                                                  次のページへ>>