巣箱から覗く顔

カテゴリ:ハローウッズの森から

ハッチョウトンボの棚田には、大きめの巣箱が2つかけてあります。

この森で大きめ巣箱を利用するのは、ムササビとフクロウ。

ひとつはムササビがよく利用しています。

ヤマザクラをお花見中?

もうひとつは、古くなってボロボロ。屋根も外れかけてしまっています。

木から降ろして修理しないとなと思いつつ、ついつい後回しにしていたら・・・

ん?なにか見えるような・・・

拡大したものがコチラ。フクロウの頭が見えていました。

※全身写っているものは、2015年に撮影

フクロウはいま、繁殖シーズンの真っ只中。

壊れかけ巣箱を子育ての場所に選んだようです。

確認は出来ませんでしたが、ひょっとしたらヒナも居るのかもしれません。

そんな屋根じゃあ、雨もあたるだろうに。

無事に子育てが終わったころに、来年に向けて新しい巣箱をかけようと決意しました。

何事も後回しにせずに早め早めが肝心!ですね。

がっつ(石松 健一)


※森の旬をキャストが楽しくご案内。どんぐりの森ガイドウォークは毎日開催中!

posted by ハローウッズ at

2017-04-22

14:37:19

ウソのようなホントのハナシ

カテゴリ:ハローウッズの森から

新年度の始まり、4月1日。

エイプリルフールだということで、毎年ちょっとした冗談が世間をにぎわせます。

そんな日に起こったのです、ウソのようなホントのハナシが・・・。

この時期のハローウッズでは、フィールドに咲くヤマザクラ類の開花調査を

毎朝行っています。

ヤマザクラの枝先を双眼鏡で見上げていると、「フィフィフィ・・・」と

たくさんの鳥の声。

曇り空をバックに、たくさんの鳥のシルエットが高ーい木のてっぺん近くに

集まっているのを見つけました。

「ウソ」という鳥です。・・・ホントに「ウソ」という名前です。

近くで見ると、のどの下の赤い部分がポイント。

いつになくたくさん集まり、しかもよく鳴いていました。

「エイプリルフールだから、ウソの日だ~!なんて言って鳴いていたりしてね~」とか

言いながら地面を見ると・・・

ヤマザクラの芽のかけらが散らばっています。実はサクラの花芽はウソの大好物。

木の上で食べていたのです。

ウソにとっては「花より団子」ならぬ、「花より蕾」といったところ。

花が少なくなると残念だから、あんまり食べ過ぎないでね・・・と思いながら、

開花調査を続けました。

そして数分が過ぎたころ、一緒に調査していた「こた」が言ったのです。

「がっつ、頭になにか付いてるよ」

そう、ウソのフンです・・・やられたー!!!

エイプリルフールは嘘にはひっかからなかったけど、

ウソにひっかけられてしまいましたとさ。

おあとがよろしいようで・・・

ハローウッズのヤマザクラは、いよいよ開花を迎えます!

(石松 健一)


今回の調査スタッフ

  

がっつ(石松 健一)  こた(小瀧 彩)  さと(太田 智史)



ハローウッズの森の旬をキャストが楽しくご案内!

どんぐりの森ガイドウォークは毎日開催中!

posted by ハローウッズ at

2017-04-02

20:01:43
     

mixi`FbN

twitter tweet

hatena standart