> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

ツインリンクもてぎ2&4レース

トップページ > スーパーフォーミュラ第4戦もてぎの見どころ

スーパーフォーミュラ
第4戦もてぎの見どころ

その差は1周最大1.4秒!!
決勝はミディアム、ソフト2種類のタイヤを使用。増える追い抜きシーン。ツインリンクもてぎからスーパーフォーミュラの新たな戦いが始まる。

ソフトタイヤツインリンクもてぎでの第4戦から2種類のタイヤが全チームに供給される。
昨年もツインリンクもてぎラウンドでそれまでのミディアムに加え、ソフトコンパウンドタイヤが供給されたが、今年はさらにミディアムタイヤとの性能差が大きくなった。

事前にテストでは、昨年使用のソフトに比べて新型のソフトタイヤは状況やコースにより1周0.5秒から1.4秒も速かったのだ。決勝は2種類を使用しなければならない規定であるため装着したタイヤや磨耗状況により、コース上では大きなタイム差を生む可能性がある。

また、予選ではトップから10台近くが1秒差の中にひしめくほどタイムが拮抗しているスーパーフォーミュラでこのタイム差は大きい。
もちろん決勝レースの戦略もタイムの上るソフトタイヤでスタート。
早目にピットインして耐久性に勝るミディアムに交換チームや、逆にミディアムタイヤでスタートしてガソリンタンクが軽くなった終盤にソフトに交換してスパートするのか!?
ソフトコンパウンドのマシンが、ミディアムタイヤのマシンを追い抜くシーン、さらにピットインのタイミングなどチームの作戦次第で大きく順位が入れ替わることもありそうだ。

加えてその時の天候、路面温度など様々な条件で作戦も目まぐるしく変化する。
いずれにせよこのツインリンクもてぎからスーパーフォーミュラの新しい戦いが始まるのは間違いないだろう。

ランキング10ポイント差内に6人のドライバー

  • 石浦宏明石浦宏明
  • アンドレ・ロッテラーアンドレ・ロッテラー
  • 関口雄飛関口雄飛
  • 中嶋一貴中嶋一貴
  • 山本尚貴山本尚貴
  • ピエール・ガスリーピエール・ガスリー
後半戦に突入し、シリーズチャンピオンへの行方も気になるもてぎ大会。
優勝者には10ポイントが与えられるため、一気にランキングが入れ替わる可能性がある。
今年もランキング上位は接戦となっており、1ポイントでも多く稼いで終盤戦へ向かいたいところ。
予選ではポールポジションに1ポイントのボーナスが与えられるため、これを勝ち獲るべく、激しいタイムアタック合戦が見られるだろう。
■選手権ポイントシステム
1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位以下 ポールポジション
10 8 6 5 4 3 2 1 0 1
■選手権ポイントシステム
1位 2位 3位
10 8 6
4位 5位 6位
5 4 3
7位 8位 9位以下
2 1 0
ポールポジション
1

※内容は予告なく変更となる場合がございます。
※使用している写真・イラストはイメージです。

 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish