> ENGLISH

  • 森
  • ゆうえんち
  • ミュージアム
  • ホテル
  • キャンプ
  • レストラン
  • ショップ
  • バイクとクルマのスクール
  • モータースポーツ
  • チケット
  • インフォメーション

プログラム紹介
日本で開催されるレースは、MFJ(財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会)が統括。レースに出場するには国内ライセンスが必要です。
※詳細はこちら(外部ページ:MFJ ONLINE MAGAZINE)からご確認ください。
通常ライセンス取得の道程は、①公認ライセンス取得、②3時間以上の走行実績申請、③MFJ国内ライセンス取得となります。少なくとも4回から5回は、サーキットに来場する必要があります。
「1day GET MFJ ライセンス」では、レース参加に必要な「公認サーキットライセンス」と「MFJロードレース国内ライセンス」を、1日で同時取得可能です。
ツインリンクもてぎでは、より一層多くの皆様にレースに参加いただきロードレースの楽しさ、耐久レースの醍醐味をご体験いただけるようにと1998年より“もて耐”を開催しております。国内ライセンスを取得して、“もて耐”にチャレンジしてみませんか?ライセンスを取得して、モータースポーツライフをお楽しみください。
コース:ロードコース ライセンス取得プログラム 昼食付き プログラム難易度:中級 速度域:高速 2輪先導走行有り

■ライセンスの種類

■一日の流れ
午前中 午前中は、規則やルール・マナーを中心に座学講習を行います。
最後に試験がありますが、講義で学んだことを理解していれば大丈夫です。

・開校式
・「MFJ国内競技規則講習会」
・「サーキットライセンス(TRMCーS)講習会」
・「筆記テスト」終了後、合否発表
・昼食
午後 午後は、実技走行が中心となります。午前中の講習で学んだことを実践していただければ合格します。

・「実技走行」
・「合否発表」
・「閉会式」

■各プログラム 開催日
開催日 プログラム名 定員 申込期間  
3月1日(水) 1day GET MFJライセンス 60名 1月13日(金)~2月25日(土)  
4月17日(月) 1day GET MFJライセンス 60名 2月17日(金)~4月10日(月)  
5月9日(火) 1day GET MFJライセンス 60名 3月9日(木)~5月5日(金・祝)  
6月13日(火) 1day GET MFJライセンス 60名 4月13日(木)~6月9日(金)  
7月3日(月) 1day GET MFJライセンス 60名 5月3日(水・祝)~6月29日(木)  
※開催日程は、変更になる可能性があります。予めご了承ください。

~ 参加することでアナタはこう変わる!? ~
たった1日でMFJ国内ライセンスをゲット、憧れの選手と同じ"レーシングライダー"になれます
MFJライセンスと一緒にツインリンクもてぎのサーキットライセンスであるTRMC-Sも取得できるので、一石二鳥です。
サーキットにおけるルールを覚え、模範ライダーへと変身できます。
さらに速く走るライディングのコツをアドバイザーが伝授、ライディングテクニックも向上します。
ライセンスを取得し、ライディングもマスター。「もて耐」や、もてぎロードレース参加を考えているアナタにピッタリ!

開催概要
【参加資格】 小型以上の自動2輪免許(未成年者は親権者の承諾必要)所持者
【必要な装備】 フルフェイスヘルメット(MFJ公認)、レーシングスーツ(MFJ公認)、レーシンググローブ、レーシングブーツ
【参加車両】 ナンバー付き登録車両、レース仕様車両

※ナンバー付き登録車両:
メーカー出荷時排気量125cc以上でスクーター・アメリカンタイプを除く、陸運局の車両検査有効期限内の一般公道用市販2輪登録車両。車両検査に当該しない小排気量車両は自賠責保険が有効で、サーキット走行に対応した溝付き公道用ロードタイヤ(ブロック・スリックタイヤ使用不可)装着の車両。仮ナンバー走行不可。
※レース仕様車両:
メーカー出荷時排気量125cc以上でスクーター・アメリカンタイプを除く、一般公道用市販2輪車またはレース専用に製造された2輪車両でMFJロードレース技術規則に合致し、サーキット走行に対応した公道用ロードタイヤまたはスリックタイヤ装着の車両。
※MFJロードレース技術規則:各ドレンボルトはワイヤーロック、オイル溜めとして機能するアンダーカウルを装着等
【参加費用】 50,400円(参加費・MFJライセンス取得費・共済会費・TRMC-S入会費・昼食代込み)
※TRMC-S会員の方やMFJフレッシュマン・ピットクルーライセンスなどお持ちの方は割引きになります。
【定員】 60名
【注意】 ライセンス取得には、講習会を受講し、規定の走行時間を走行し筆記および実技で合格することが必要です。参加によりライセンス取得を保証するわけではありません。国内ライセンスを取得出来ない場合でも、参加費用は返却出来ませんのであらかじめご了承ください。

         プログラムお申込み
 

HOME会社情報広報採用情報企業の方へお問い合わせプライバシーリーガルEnglish